サイトマップ プライバシーポリシー
ホーム 物件紹介 会社案内 お問い合せ
物件紹介
ホーム > 富士ドームハウス

当社は2003(平成15)年9月、富士山・朝霧高原に鉄骨を骨組みとし、発泡スチロール(EPS)を断熱屋根壁材とした国内初の鉄骨EPSドーム建築 「富士ドームハウス1号棟」を建設しました。

その後、居住性等のデータをとりながら、デザイン、機能、製造方法等の研究を進めて参りましたが、このほどオリジナルデザインのドーム建築を新たに開発しましたので、ここに発表させていただきます。
新デザインの「富士ドームハウス」は床面積は1号棟と同一ですが、天井高さを1m以上高くしましたので、内部にロフトを設置することが可能であります。また、床面からの垂直高さを高くしたことで、壁近くでの圧迫感が緩和され、標準タイプのユニットバスが設置可能であります。柱材のH形鋼はより強度の高い H125×125を使用し、中間に溝形鋼の補助帯鋼を入れる等、より安全な構造にしま した。さらに、窓を大きくし、数も増やすことで、室内がより明るく保たれるよう配慮しました。オリジナル床暖房「サニーサイド」、ユニットバス、キッチン等が装備できることは、変わりありません。

なお、鉄骨造とすることで、建築確認申請が可能であり、また必要に応じて構造計算書の提出も可能です。別荘・離れ・宿泊設備等にご採用いただければ、幸甚であります。      
                                       富士ドームハウス事業部長  赤堀 明夫

イ)特許証     特許第4171677 「ドームハウスの構築方法およびセグメント溝加工装置」
ロ)商標登録証  登録第4779219号 「富士ドームハウス」、登録第4758341号「サニーサイド」








EPSセグメントは下セグメント10体、上セグメント10体で構成されています。
これらを、基礎コンクリートに取り付けたH形鋼の柱、溝形鋼、中央固定金物に取り付け、
ドア、窓等をセットすることで駆体の組立ては完了します。 



 


断面図
 


平面図


ドームハウス構造計算結果

ドームハウスにかかる荷重には固定荷重、積雪荷重、風圧力、地震荷重がありますが、この荷重を 頂部中央固定リング、5本の柱および基礎部分で受けます。コンピューターで応力計算をした結果が、下図です。
フレーム応力解析の左図が風圧力によるH形鋼の応力分布、右図が地震荷重の解析結果です。
この発生応力が部材強度以下であることが必要なわけですが、計算の結果、いずれの箇所に
おいても、強度は合格しております。



富士ドームハウスの標準仕様
 No. 項目     仕様  備考 
 1  規模  階数   地上1階  ロフト付き
 床面積   36u(11坪)  ロフトを含めて43.5u(13坪)
 軒高   4.68m  
 天井高さ   4.26m  FL〜天井
 2 構造概要      主体構造   鉄骨造  H形鋼、溝形鋼
断熱材  屋根・壁  EPS(厚さ200mm,発泡倍率40倍)  ビーズ法発泡スチレン
 基礎  XPS(厚さ100mm)  押出し法発泡スチレン
 屋根・外壁   雨樋付き、モルタル塗り  メタルラス+モルタル
 基礎   直接基礎(布基礎)  
 3 駆体重量    約2.8トン  鉄骨+EPS+ドア・窓+モルタル
 4 標準設備    ユニットバス    バス、トイレ付き  エコジョーズ20型給湯器
 ミニキッチン   IHヒーター、ミニ冷蔵庫  
 ロフト   木造  富士檜
 床   フローリングまたは
タイルカーペット
 
 5  オプション  床暖房   温水循環式(サニーサイド)  エコジョーズ24型給湯器
(UB給湯と併用)
 雨水タンク   貯水量200リットル  
 合併処理浄化槽   五人槽  
 6  用途    住宅  離れ、別荘、宿泊設備等

富士ドームハウスへの訪問者の評価
1)暖かい(冬場)
2)涼しい(夏場)
3)外観の割に、内部が広く感じる。
4)圧迫感がない。
5)遮音性が高い。
 (外の音が聞こえにくい、中の音が漏れにくい)
6)音響が独特だ。
7)結露がない。
8)天窓からの自然光で室内が明るい。


類似建築
このページの先頭へ